イメージ画像

架空請求

出会い系のトラブルの被害において架空請求というものがあります。

これはハガキや電話やメール等で実際には利用したこと無い出会い系の利用料や、その利用費用の延滞金を請求してくる事です.

古くはQ2やツーショットダイヤル等の利用料金として不当請求されていたものが、インターネットの普及と共に出会い系やアダルトサイトの不当請求として形を変えて来たものが架空請求となってます。

なぜ請求されるのかという問題については、架空請求を行う業者が顧客リストの流出やその業界でのメールアドレスなどの売買等により行われているものが主となっています。

出会い系を使っている利用者は、後ろめたさ含めて請求されやすいの狙われやすいです。

実際には出会い系の女性利用者を装った、メールアドレス収集の業者も沢山潜んでいます。

個人情報の流出の場合には、個人の住所、電話番号、メールアドレスなどが記載されているので、現在行われている架空請求は葉書、電話、メールで行われます。

その他の場合にはメールにて架空請求を行うのが通常ですが、プロバイダ名やパソコンのIPアドレスのみでは個人は特定できません。

メールによる架空請求の場合はほっておくのが一番です。

間違えても、家や携帯電話からなど問い合わせはしないようにしましょう。

個人が特定され請求は一層ひどくなることでしょう。

また、その電話番号等の個人情報が転売されていきます。

タグ

2015年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:悪質なサイトについて

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、実際に存在する会社の名前をかたり個人情報を入力させ、個人情報が売られたりクレジットカードの情報だと、その情報で物を買われたりする詐欺行為のことです。

手口は実際に存在するカード会社、出会い系サイト、ショッピングサイトを装ったメールがまず届きます。

そのメールの中には『登録情報を更新して下さい』や、『未払い金があるので確認して下さい』などなど様々で、そのサイトに行くとカードの情報や個人情報を入力するようになっています。
(サイトの見た目も似せてる所もあるので要注意!!)

実際に入力してしまうとカード情報はそのままばれますので、勝手にカードが使用されたりしてしまいます。

フィッシング詐欺のメールにあるリンクは偽装されてます。

見えている名前は実在するチャンとした所の名前になってたりするのですが、実際にリンクを押し、行った先のサイトは偽サイトという仕組みです。

同様にメールの送信者のアドレスについても、同様に偽装されています。

フィッシング詐欺かなっと思ったら、まずメールのプロパティを見て本当の送信者のアドレスを確認するようにしましょう。

サイトの方はアドレスバーのURLをしっかり確認することにより回避できます。

インターネットエクスプローラ7からは、フィッシング詐欺対策でアドレスバーが設定で消えてしまう事はありませんので安心です。

カード情報や個人情報を聞き出そうとしている場合は、『フィッシング詐欺』の可能性があるので、安易に信用しないようにしましょう。

怪しい場合には、実際の会社やサイトに問合せる事が一番です。

フィッシング詐欺で狙われる主な個人情報

  • キャッシュカード番号
  • 暗証番号
  • クレジットカード番号
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • ID・パスワード ・・・などなど。

タグ

2015年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:悪質なサイトについて

ワンクリック詐欺とツークリック詐欺

ワンクリック詐欺とツークリック詐欺は、出会い系サイトでの詐欺としては有名な手口となっています。

自分自身の後ろめたさと大事にならない様にと考え高額な請求でも払ってしまいそうになりますが、払う必要の無いものが大半です。

高額請求などの例と対策の知識をしっかりと把握して、トラブルに巻き込まれて嫌な思いをしないように勉強しておきましょう。

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺とはサイト上の特定のボタンや登録フォームをクリックさせることにより、特定のページや契約成立の説明を行うページを表示させ、それがサイトとの契約行為であることやコンテンツの利用料金の発生を主張し請求してくることです。

一時期ニュースなどでも大きく取り上げられ現在はその数も減少したものの未だにネット上で発見することが出来ます。

現在では「ツークリック詐欺」というものも登場しています。

ワンクリック詐欺とは、『他サイトからのリンク、入場ボタンや認証ボタン又はページ移動など無意識にクリックするだけで、有料コンテンツに入会・利用させられ高額な料金等を請求する詐欺』のことです。

ツークリック詐欺

ワンクリックではなく最初のクリックで確認や同意のポップアップダイアログなどで確認を取った上で次のクリックでを促し、有料コンテンツに入会・利用させられ料金を請求する詐欺』のことです。

これは、ワンクリック詐欺を対策の電子消費者契約法に基づいた請求の形となっています。

クリックの前には、必ず表示されている内容を確認することを心がけましょう。

ワンクリック詐欺・ツークリック詐欺にかかわらず、違法かどうかは法律によって定められています。

違法な請求は支払う必要はありませんが、合法となる場合は支払い義務が発生してしまいます。

タグ

2015年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:悪質なサイトについて

悪質な利用規約

出会いサイトに限らず、何かに会員登録や料金の発生する購入等する時には利用規約に同意する必要があります。

まともなサイトについては、利用規約には普通に当たり前のことしか書かれていませんので、ざっと確認する程度で「同意」ボタンを押してしまうことが多いでしょう。

まともなサイトの場合はこれで問題ないのですが・・・。

出会い系サイトといっても、悪質な出会い系においては、利用者を騙してお金儲けをすることが目的となっていますので、利用規約を読むにも注意が必要となります。

これは、不当な請求に対してユーザーの申し立てに対して、『利用規約にありますよね。』とか『同意して登録されたんですよね』と言って悪質な業者が自らを正当化する為のものですが、利用規約をしっかり読まなかったユーザーにも落ち度がある事となります。

以下、悪質な出会い系の利用規約にある代表的なパターンを紹介致します。

同類、もしくは、先を読み、悪質な出会い系サイトに引っかからないようにしましょう。

グループサイトへの同時登録?

利用規約に同意することで、その出会い系サイトの同時登録サイトの全ての会員規約に同意&登録されてしまう悪質なパターンです。

利用者側はひとつの出会いサイトに登録したつもりでも、複数のポイント制の有料サイトなどから、利用した覚えがない高額な請求が届く場合があります。

同時登録の記載がある場合には、必ずその同時登録サイトの利用規約も確認した後に登録するようにしましょう。

登録時にポイント減算でいきなりマイナス?

「今なら無料ポイント進呈」と記載されているので入会してみると、登録と同時にポイントが減算され、結局ははじめから料金が発生してしまっているというパターンです。

よくあるのが「150ポイント無料進呈→登録と同時に200ポイント減算→初めから-50ポイントからスタートになります。

ポイントの購入が、300ポイントのセット制の場合、無料どころか、いきなり300ポイント分を購入(支払う)しないといけなくなってしまいます。

仮登録が自動で本登録?

仮登録のまま数時間が経過すると登録が取り消しになるのではなく、自動で本登録扱いとなってしまう悪質なパターンです。

事務手数料が数万円?

期日までに入金が確認できない場合は50,000円の事務手数料を請求するという悪質な利用規約。

そもそも延滞料金の上限は、消費者契約法第9条第2号で年利14.6%と規定されていますので、法外な事務手数料を支払う必要はありません。

携帯での利用規約の読み方

携帯で利用規約を確認する場合、利用規約の最後を分かりにくくして画面の途中にある同意ボタンを押させようとする悪質な出会い系があります。

パソコンのサイトはまだ分かりやすいのですが携帯の場合は間違えやすいです。

携帯で利用規約を確認する際は一番下までスクロールさせて確認しましょう。

タグ

2015年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:悪質なサイトについて

出会い系サイトとサクラの関係

残念ながら出会い系サイトとサクラとの関係は切っても切り離せない関係にあります。

一般的には有料の出会い系サイトであればサクラがいないと思われる方が多いと思いますが、全くいないということはなくある程度存在しています。

サクラは出会い系サイトが生まれた時から存在する悪質な手口です。

そのため、出会い系サイトに慣れている人であればサクラを撲滅しようという考えではなく、サクラに対して上手に対処し上手く避けようとします。

サクラには接触しないように行動すればサクラによる被害を受けることもありませんので、上手にサクラを避けることが重要であるといえます。

見抜くためのポイントはプロフィールの写真です。

一般的な女性が出会い系サイトに登録してプロフィールに写真を掲載する場合には、それほど派手な写真は選びません。

例えば、顔の一部分のアップであったり、顔の半分を写したものであることがほとんどです。

対してサクラの場合には、顔全体をしっかりと写したものやカラダを露出したものをプロフィールに掲載しています。

当然、必ずこのようになっているわけではありませんが、刺激の強い写真を掲載していることは少ないです。

また、スリーサイズのような男性の目を惹くような情報を載せている場合もサクラの可能性が高いといえます。

一般的な女性であれば、プロポーションに関することは公表しづらい人が多いと思われます。

出会い系サイトのように多くの人の目に触れるような場所ではなおさら公表したくないと思うでしょう。

スレンダーやグラマーといった括りであるならいいのですが、詳細なスリーサイズや体型に関することを掲載している女性は怪しいといえます。

このようなサクラを見抜くコツをしっかりと勉強し、準備することでサクラを避けることは十分に可能です。

こういった準備を怠ることなく、安全に出会い系サイトを楽しみましょう。

タグ

2015年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:悪質なサイトについて

このページの先頭へ