メールの注意とマナー

インターネットを利用して日常的にメールのやり取りをする世の中になりました。

会社でも家でも一般的に利用されだすと、最低限のマナーやモラルが必要となってきます。

現在の一般常識と思われるマナーをしっかりと認識して、『非常識』と思われないことが出会いの最低条件となります。

あなたもメールやり取りをする上でのマナーをマスターして出会いを楽しみましょう。

件名をしっかりと書く

件名が空欄だと、受信側は気味が悪いものです。又、内容に対する返信であれば、 たまには『Re』も有りだと思いますが、基本的には、そのその時その時でタイトルもしっかりと考えて、誠意を見せましょう。

名前を名乗る

当たり前です。『○○さんこんにちは。□□です。』というようにファーストメールでは冒頭に挨拶と合わせて名乗るのが好まれるようです。

挨拶をする

これも当たり前です。

「こんにちは・・・」「こんばんは・・・」だけでなく、天気やその他の事も一言つけると好感をもたれます。

又、挨拶だけで長くなりすぎるのには注意しましょう。

挨拶だけで長くなり過ぎると、『何が言いたいの?』となりまねません。

常識的な範囲の言葉遣いで

敬語は行き過ぎかも知れませんが、慣れるまでは丁寧語でメールを書きましょう。

特にファーストメールでのいきなりタメ口、呼び捨て、横柄な言葉遣いはものすごく気分悪いです。

相手の方が年下の時でも、慣れるまでの最初は丁寧語を使うようにしましょう。

自分の自己紹介を先に

アプローチする側が先に自分はどんな人間かを自己紹介するのが普通であり常識人です。

ファーストメールに自己紹介がなかったら、誰も返信しようとは思わないことでしょう。

改行を入れよう

PCメールの場合は改行無しだと非常に読みづらくなります。

携帯メールの場合は改行を入れすぎるとかえって読みずらくなりますので、 端末に合わせて読みやすい程度に改行を入れるようにしましょう。

PCメールは最大で35文字くらいが標準的な考えです。

顔文字を多用しない

ギャル文字や小文字多用はNG。

顔文字は好き嫌いがあります。

使ったとしても1~2個・・・多用は避けましょう。

また、ギャル文字や小文字(ぁたしは、優しぃといゎれます)も使うべからず。

ファーストメールで小文字や顔文字満載が満載されていると、受け取る側によっては常識を疑われ手しまいますので注意しましょう。

お互いにメールに慣れた後、相手との相性でギャル文字や小文字好きなら全然問題ないとは思います。

コピペはしない

コピペはは避けましょう。

文章の前後がかみ合ってなかったり、 おかしいメールを時々見かけます。

又、相手の年齢やタイプによっても表現を変えた方が効果的な場合も多いですので、特にファーストメールの場合はコピペを避けしっかりと考えて書くようにしましょう。

ウイルスチェック

ほとんどの人はパソコンにウィルスソフトを入れていると思いますが、ウィルスメールを相手に送りつけないようにしっかりと事前にチェックしましょう。

添付ファイルを送らない

いきなり添付ファイルがついてきた。

普通にメールを仕事等に使っている人はウイルスかなと思ってしまいます。
(実際JPEGの画像にもウイルスを仕込む事は可能です。)

添付ファイルを送る必要がある場合は、ファーストメールでは送らず相手の了解を取ってから送信するようにしましょう。

機種依存文字は使わない

メールの内容に文字化けがあると気味が悪いものです。

機種依存や特殊文字を使う場合は、相手の端末を確認した上でそれに見合った互換情報を入手して利用するようにしましょう。

タグ

2015年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:出会い系に関する知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ