ワンクリック詐欺とツークリック詐欺は、出会い系サイトでの詐欺としては有名な手口となっています。
自分自身の後ろめたさと大事にならないようにと考え、高額な請求でも払ってしまいそうになりますが、実際には払う必要の無いものが大半です。

高額請求などの例と対策の知識をしっかりと把握して、トラブルに巻き込まれて嫌な思いをしないように勉強しておきましょう。

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺とは、サイト上の特定のボタンや登録フォームをクリックさせることにより、特定のページや契約成立の説明を行うページを表示させ、それがサイトとの契約行為であることやコンテンツの利用料金の発生を主張し請求してくることです。

一時期ニュースなどでも大きく取り上げられ、現在はその数も減少したものの未だにネット上で見られることがあります。

ツークリック詐欺

現在では「ツークリック詐欺」というものも登場しています。
ワンクリックではなく最初のクリックで確認や同意のポップアップダイアログなどで確認を取った上で次のクリックでを促し、有料コンテンツに入会・利用させられ料金を請求する詐欺のことです。

これは、ワンクリック詐欺を対策とした電子消費者契約法に基づいた請求の形となっています。
クリックの前には、必ず表示されている内容を確認することを心がけましょう。

ワンクリック詐欺・ツークリック詐欺にかかわらず、違法かどうかは法律によって定められています。
違法な請求は支払う必要はありませんが、合法となる場合は支払い義務が発生する可能性があります。