フィッシング詐欺とは、実際に存在する銀行や金融会社の名前を使ってメールを送り付け、ガードの番号や暗証番号・パスワード等を入力させ、それらの個人情報をもとにカードを悪用したり金銭を騙し取る詐欺行為のことです。

これまでに様々なパターンが報告されていますが、一般的な手口は、まず実際に存在する銀行やカード会社さらには出会い系サイトやショッピングサイトを装ったメールが届きます。
そのメールの中には「登録情報を更新して下さい…」や、「未払い金があるので確認して下さい…」といった様々な騙しの文言が並び、サイトへのリックを押すとカードの情報や個人情報を入力するようになっています。
(サイトの見た目も似せてあるあるので要注意!!)
実際に入力してしまうとカード情報はそのまま悪質な業者の手に渡ってしまうので、勝手にカードが使用されたりしてしまいます。

フィッシング詐欺のメールにあるリンクは偽装されてます。
見えている名前は実在するチャンとした所の名前になってたりするのですが、実際にリンクを押して進んだ先のサイトは偽サイトという仕組みです。
同様にメールの送信者のアドレスについても、同様に偽装されています。

フィッシング詐欺かなっと思ったら、まずメールのプロパティを見て本当の送信者のアドレスを確認するようにしましょう。
サイトの方はアドレスバーのURLをしっかり確認することにより回避することができます。

突然メールが送られてきて、カード情報や個人情報を聞き出そうとしている場合は、「フィッシング詐欺」の可能性があるので、安易に信用しないようにしましょう。
怪しい場合には、実際の会社やサイトに問合せる事が一番です。

フィッシング詐欺で狙われる主な個人情報

  • キャッシュカード番号
  • 暗証番号
  • クレジットカード番号
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • ID・パスワード…などなど。